【腕のしびれ.com】〜肘部管症候群〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
udeno4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは腕のしびれを伴う病気、肘部管症候群について説明していきます。

肘部管症候群は別名で遅発性尺骨神経麻痺とも呼ばれていて、尺骨神経が圧迫されることにより起こる病気です。尺骨神経は指を曲げたり伸ばしたりすることを制御していて、肘の内側を通る関節内の肘部管という管の中を通っています。この肘部管が何らかの原因によって圧迫を受けることにより、その内部にある起こる尺骨神経も圧迫を受けて、神経麻痺を起こすのが肘部管症候群です。原因は、外傷がもとでの肘の変形や、変形性関節症や腫瘍(ガングリオンなど)から骨棘など、様々な原因があります。

症状は薬指と小指のしびれから始まり、曲げ伸ばしに違和感を感じたり、ひどくなると筋肉がやせ細ってきたりします。肘の内側のくるぶし辺りを叩いて刺激すると、指先まで痛みが通るという「ティネル徴候」という反応をします。

治療は軽度であれば変形性肘関節症と同じく保存療法が基本となりますが、治らない場合や筋肉のやせ細りが見られる場合は手術が適用されます。手術は肘部管を圧迫している原因となるものを切除したり矯正することで治療を目的としますが、発見が遅れて処置が遅いほど予後は不良となる可能性があるので、早期発見や早期治療が重要となってきます。


⇒ 首の歪みや筋力低下

⇒ 四十肩・五十肩

⇒ 頸椎椎間板ヘルニア

⇒ 脊髄空洞症

⇒ 胸郭出口症候群

⇒ 手根管症候群

⇒ 糖尿病


sponsored link



copyright©2013  【腕のしびれ.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved